お気に召すままby COZY(加布羅こうじ)

厄年を乗り越えたところに、不幸が来そうな予感…


今年の世迷い言 昔の世迷い言 掲示板
お気に召すまま英語塾 プロ野球ニウス'17 '16 '15 '14 管理者へメール



日々の世迷い言    



興味深い記事2つ (2018 2/23 10:30)

 今日は、興味深い記事2つをメモ。

 まず1つめ。

超新星爆発の瞬間「ショックブレイクアウト」を初観測 −コンピュータシミュレーションの正しさを実証−(2/22京都大)
 前田啓一 理学研究科准教授らの国際研究グループ(アルゼンチン・ラプラタ国立大学天体物理学研究所、国立天文台、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構ほか)は、アルゼンチンのアマチュア天文家のVictor Buso氏が観測した超新星が、ショックブレイクアウトと言われる爆発したばかりの段階であったということを、観測データの解析及びシミュレーションから明らかにしました。ショックブレイクアウトは、理論から長年予測されていたものの、継続時間が短いとされる現象のためこれまで観測で捉えられたことはなく、世界中の研究グループにより探されてきました。重い質量の星がどのように超新星爆発として爆発するのかを理解する上で、今回得られた超新星爆発の最初の瞬間の情報は大変重要な一歩です。
 本研究成果は、英国の科学雑誌「Nature」(2018年2月22日号)に掲載されました。

研究者からのコメント(前田准教授)
 超新星ショックブレイクアウトはもともと1970年代に理論的に提唱された現象であり、その観測的検出が待ち望まれていました。X線及び紫外線では候補天体が2000年代に報告されていましたが、私たちに最もなじみがあり詳細な観測が可能である可視光では確実な例は見つかっていませんでした。今回の発見は、超新星の観測研究と爆発する星の構造の研究を加速させるものです。近年、毎日あるいは一日に数回、夜空の同じ場所を撮像し新天体を探索する大規模な探査観測が急激に発展しており、今後の観測例の増加が期待されています。今回、「撮像」による時間変動が決め手になりましたが、次のステップは「分光」によってその性質をより詳細に調べることになります。京都大学が岡山天体物理観測所に建設中の3.8メートル望遠鏡は2018年度に稼働予定ですが、この研究に最適な望遠鏡となります。
.
概要
 重い質量の星がどのように超新星爆発として爆発するかを理解することは、天体物理学において重要ですが、爆発以前の星の構造が超新星爆発の性質に与える影響は明らかとなっていません。そのため、超新星爆発が生じる最初の瞬間の情報を得ることは、この問題を解明する上で極めて重要です。理論から、超新星爆発が生じる際には爆発の衝撃波が星の内部へ伝わった後に表面へ到達し、X線等の電磁放射線と可視光が生じると考えられています。この最初期の様子はショックブレイクアウトと呼ばれており、突如として起きるという予測不可能な性質と短い継続時間のために観測が難しく、近年の大型観測の努力にも関わらずこの現象を捉えられる可能性を持った決定的な観測はありませんでした。
 2016年9月に、アルゼンチンのアマチュア天文家であるVictor Buso氏がちょうこくしつ座にある渦巻銀河NGC613を観測中に、同じ銀河で超新星が発生しました。本研究グループが画像データを詳細に解析したところ、これまで知られていたどの超新星よりも急激な増光を示したことが明らかになりました。これは、まさに超新星が爆発して最初に光り輝く段階(ショックブレイクアウト)が捉えられた決定的な証拠です。本研究グループはさらに理論シミュレーションを行い、この振る舞いが自然に再現されることを示しました。
 今回初めて可視光でショックブレイクアウトの決定的な検出がなされ、またその観測データが理論モデルを支持したことにより、ショックブレイクアウトを用いた超新星の研究の基礎が築かれました。


 超新星爆発の観測はずっとおこなわれてきているが、爆発の最初期の段階を可視光で観測できたのは、今回が初めてということらしい。また、その観測結果が、これまで積み上げられてきて理論による予測と一致したため、理論の整合性も証明されたようだ。

 2つめは政治ネタ。
データ比較問題からみた政策決定プロセスのゆがみ:裁量労働制の拡大は撤回を(公述人意見陳述)(2/22yahoo)
 <はじめに>
 裁量労働制の労働者と一般の労働者の労働時間の比較をめぐるデータの問題が国会で大きく展開を見せている。
 筆者は2月21日の衆議院予算委員会の中央公聴会で公述人意見陳述を行い、この問題が政策立案や国会審議をめぐる問題でもあると指摘した。
(以下略)

 非常に長い記事だが、読む価値はあると思う。
 サービス残業が野放しになっている現状を考えると裁量労働制の導入には基本的には反対であったが(私個人に限って言えば裁量労働制の方がありがたいが)、データをまともに示すことなくごまかしで乗り切ろうとしている政府の姿勢は到底容認できず、「基本的に反対」から「反対」の立場に変わることとする。



竹島の日 (2018 2/22 10:30)

 今日は竹島の日……と書くのも何度目だろうか。北方領土と同様、不当に占拠されたまま年月だけが経過していく。
 武力行使をするわけにはいかない以上、こちらが打てる手立ては限られているというのは分かるのだが、竹島の日の記念式典を開くというだけでは、事態打開にはほど遠い。

 私が生きている間に、竹島、北方領土が日本に戻ってくるのだろうか。


突然の訃報 (2018 2/22 10:30)

大杉漣さん、最期は『バイプレイヤーズ』共演者に見守られ(2/21ORICON NEWS)
 俳優の大杉漣さんが21日、急性心不全のため66歳で亡くなった。共演者に見守られながらの最期だったという。
 テレビ東京によると大杉さんは20日に行われた同局のドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(毎週水曜 後9:54)の撮影に参加。撮影を終えて宿泊先に戻り食事をとっていたところ腹痛を訴え、松重豊と関係者らに付き添われて救急病院へ。そのまま、21日の午前3時53分にテレビ東京の関係者、同ドラマの共演者、そして家族に見守られながらの最期を迎えたという。
 この日の3話は遺族、事務所、キャストの意向もあり、予定通り放送となった。同ドラマは、大杉さんら日本を代表する名脇役(バイプレイヤー)たちが共演する人気作品。大杉さんと共演していた遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研は、突然の訃報に下記のとおりコメントを寄せている。
------------------------
余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。「バイプレイヤーズ」という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません。
しかし最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。
お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください。
漣さん、ありがとうございました。

バイプレイヤーズ一同
遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研
------------------------
 大杉さんは1951年9月27日生まれ、徳島県出身。74年から88年まで、太田省吾主宰の『転形劇場』で舞台俳優として活躍し、78年に『緊縛いけにえ』で映画デビュー。以降、映画『ソナチネ』、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』などの多数の作品に出演。主役を際立たせる名バイプレーヤーとして欠かせない存在となった。


 昨日仕事から帰ってきて、ネットを哨戒していたら「カーリング女子が準決勝進出」とか「女子団体パシュートで金メダル」とか、めでたい話ばかり……と思っていたら、この大杉漣さんのニュースも名に入り、早すぎる死に驚きを禁じ得なかった。

 いろんなドラマに数多く顔を出し、バラエティ番組でも陽気な姿を見せてくれていた。ドラマや映画に出演している本数を考えたら、本当に「必要とされていた俳優」だったんだなぁ、と改めて思う。

 冥福を祈ると共に、私自身、いつ人生が終わるか分からないから毎日毎日必死で生きよう、と思ったり。



クズ教師 (2018 2/21 10:30)

「注意するの面倒」担任がいじめ放置 小2が2年不登校(2/20NHK)
 神奈川県茅ヶ崎市で小学2年生だった男子児童が日常的にいじめを受け、2年にわたり不登校になっていることが、教育委員会の第三者委員会の調査などでわかりました。当時の担任は「殴る蹴るが繰り返されていたが注意するのが面倒になった」などとして、いじめを放置していたということです。
 茅ヶ崎市教育委員会によりますと、おととし3月、市内の公立小学校の当時2年生の男子児童の両親が、同級生からいじめを受けていると学校に訴え、教育委員会が第三者委員会を設置して調査を行いました。
 第三者委員会は、男子児童が複数の同級生から馬乗りになって殴られたりズボンを脱がされたりと、1年近く日常的にいじめを受けていたとする報告書をまとめ、今月、教育委員会に答申しました。
 男子児童はいじめが原因でPTSD=心的外傷後ストレス障害を発症し、2年にわたり不登校になっているということです。
 担任だった30代の女性教諭は当初はいじめに気づかなかったと説明したものの、調査の過程で学校が再度聞いたところ「同級生が一方的に殴る蹴るの暴力を繰り返していたが、注意することが面倒になった」「見て見ぬふりをした」などと話し、いじめを放置していたということです。
 茅ヶ崎市教育委員会は「大変申し訳ないことで、いじめの早期発見や再発防止に取り組んでいきたい」としています。


 授業や書類作りや教材研究など、昨今「多忙ぶり」が取り沙汰されている教師という職業。多忙な中でいじめに対応するのは大変だというのはあるかもしれないが、それにしても、「注意するのが面倒」という言いぐさはなかろう。

 いくら仕事がたまっていようが、いじめ行為を目撃したらその場で即座になんとかしようとからだが動くのが、普通ではないのか。小学校の教師なら、子供がいじめられて苦しんでる姿を見たら、何とかしてあげようと頑張るのが当然の姿勢だろうに。

 子供が苦しんでる姿を見ても「何とかするのは面倒」などと思うような人間は、教師になって欲しくない。



カーリング (2018 2/20 10:30)

カーリング女子、スウェーデン破り2位に 4強へ前進(2/19朝日)
 平昌冬季五輪は19日、カーリング女子で世界ランキング6位の日本(LS北見)は、朝の1次リーグ第6戦で前回ソチ五輪金メダルのカナダに3―8で敗れたが、夜にあった第7戦でソチ五輪銀メダルのスウェーデンに5―4で競り勝った。通算成績は5勝2敗で2位につけた。
 1次リーグは残り2試合。ソチ五輪では、5勝したチームが上位4チームによる決勝トーナメントに残っており、日本は初の4強入りに大きく前進した。日本は20日にソチ五輪銅メダルの英国、21日に世界ランキング2位のスイスと対戦する。
 スウェーデンとの一戦では、両チームとも、ショットの精度に苦しむ中、終盤第7エンドを終えて2―3と接戦の展開。日本は優位な後攻で迎えた第8エンドで、スキップ藤沢五月にミスが出て1点を奪われた。だが、第9エンドで2点を返して4―4の同点とした。最終第10エンドの最終投でスウェーデンのスキップがミスし、日本の石がわずかにハウスの中心近くに残り、1点をもぎ取った。


 1次リーグ現時点で2位(残り2試合)、4位以内が決勝トーナメント進出。初の決勝進出となる可能性が高い。

 先週木曜日は、息子と遊びつつ、テレビでカーリングの韓国戦を見ていて、その面白さに引き込まれた。将棋や野球のような「先を読みつつ試合を進める」という性質は、私の好みに非常に合う。
 また、5th Endの後にある、おやつタイムがまたほのぼのとしていて何とも味わい深い。そして、試合の最中に聞こえてくる彼女たちの言葉が、少し北海道訛りが入っているということもあり、これまたほんわかするのである。もちろんカーリングなりの緊迫した空気はあるのだが、しかし他の競技と異なる空気感がある。

 冬季五輪で、最も興味を持って見ている競技である。



若狭氏の政治塾終了 (2018 2/19 10:30)

若狭氏政治塾、5カ月で幕 小池旋風やみ… 参加者「大失敗」(2/18東京)
 希望の党結党に先立ち、小池百合子東京都知事の後ろ盾を得て若狭勝元衆院議員が立ち上げた政治塾「輝照塾」が十七日、最終講義を行った。若狭氏は終了後に「閉塾」を宣言。塾生から国会議員を輩出することなく、開講からわずか五カ月での幕引きに、参加者からは「大失敗だった」との恨み節も漏れた。
 輝照塾の船出は昨年九月十六日。講師の小池氏が約二百人の塾生に国政進出への期待を表明し、若狭氏も政治改革の必要性を訴えるなど熱気に包まれた。だが、その後の衆院選で希望は公示前の五十七議席を下回る五十議席にとどまり、擁立した約三十人の塾生全員に加え、若狭氏も落選した。
 衆院選後も希望の長島昭久政調会長らを招き「ほそぼそと講義を続けてきた」(関係者)ものの、憲法改正をテーマに細野豪志元環境相と意見交換した十七日の講義に出席した塾生は約八十人。若狭氏は「希望の方向性が見えない。塾の活動を終える」と記者団に述べた。

 栄枯盛衰、諸行無常の趣である。

 ただ、希望の党や小池都知事の人気凋落のスピードは凄まじかったとは言え、そもそも若狭氏主催の政治塾にいかほどの価値があったのか、とも思う。政治家としては駆け出しに過ぎなかった若狭氏に政治の何が教えられるのか。
 この政治塾からは政治家が誕生することはなかったが、参加してしまった人の目端の利かなさは、政治家としては致命的であろう。

 小池劇場、完全に終幕である。しかしながら、彼女の都政は続く。願わくば、まともな方向へ修正してくれんことを。



明るい話が続いた一日 (2018 2/18 10:30)

 土曜日、仕事に行く前の段階では、「藤井聡太五段が羽生善治氏に勝利した」ということしか分かっていなかったので、その後藤井五段が朝日杯を優勝したことも、フィギュアスケートで羽生結弦が金メダル、宇野昌磨が銀メダルということも、仕事から帰ってくるまで知らなかった。

 若い世代が頑張っていることは素直に嬉しく思う。こういうのを喜んでいると、「偉いのは個人であって、日本ではない」と冷や水をかけることに喜びを覚える無粋な人間が現れる物だが、ひねくれたバカは放置するのが吉である。

 しかし、藤井五段、凄いなぁ。いや、もう六段に昇段か。

藤井聡太六段に、ひふみんら先輩棋士から祝福のコメント続々(2/15AFP)
 藤井聡太六段の朝日杯オープン戦優勝を受けて、師匠や先輩棋士らから祝福のコメントが続々と寄せられた。

 ■日本将棋連盟の佐藤康光会長の話「初優勝、誠におめでとうございます。全棋士参加棋戦、しかも最年少記録更新ということで、29連勝に続いて、また素晴らしい記録を打ち立てました。これからもしっかりと地に足をつけて歩んでもらいたいと思います」
 ■加藤一二三・九段の話「15歳6カ月での朝日杯優勝、誠におめでとうございます。史上最年少優勝記録の更新、ならびに史上最年少、最速での六段昇段という二重の快挙に心よりお祝いを申し上げます。並大抵ではない重圧を軽やかに力へと換え、新たな将棋界の歴史を日々創造するお姿を、心から頼もしく思います。これからもその若芽をすくすくと伸ばし、将棋界の大樹へとご成長されるお姿を、棋士の一人として温かく見守ってゆきたいと楽しみにしております」
 ■師匠の杉本昌隆七段の話「準決勝の羽生棋聖戦をはじめ、大きな注目を集めた中での優勝、そして六段昇段は見事です。おごることなく、臆することなく、全力で相手に立ち向かう藤井将棋の良さが出ていました。弟子が頂点に立つ瞬間を間近で見ることができ、師匠としてもこれ以上ない喜びです。どれだけ結果を残しても、15歳の藤井六段はまだまだ学ぶべき立場。それは全く変わりがありません。今後も、より一層の精進を望みます」
 ■谷川浩司九段の話「全棋士参加の棋戦で優勝するのはまだ難しいと考えていました。私たちの予想をはるかに上回るスピードで、強くなっているようです。名人と竜王を破っての優勝は見事ですが、ただし、20代、30代の棋士に対しては、『君たち、悔しくないのか』と言いたい気持ちもあります」




安倍政権の教育政策は支持できない (2018 2/16 10:30)

 高校の学習指導要領の改訂内容が発表されたが、マスコミの報道は地歴公民の辺りに焦点を当て、「尖閣は日本の領土と明記」というような部分ばかり取り上げているように見える。安倍政権の「右」の部分を攻撃したいということだろうが、もっと他に注目すべき部分があるだろうに、という気持ちである。

 具体的に言えば、英語が「4技能」を強調して今以上に文法軽視・読解軽視の流れになりそうだったり、高校の学習指導要領改訂でベクトルが数学Cに移ったり(文系はベクトルをやらないことになる)、といった点である。

 高校の授業での英語の時間確保には限界があるので、喋れるようになるレベルにするには無理がある。それならば、基本的な文法や読解の技術を習得させ、将来英語をさらに勉強するときの土台作りをおこなうべきだ。中途半端な時間で会話を習得させたとて、買い物ができる程度の英語力は身につけたが文法はてんでダメ、長い文章を読む能力も無い、では話にならない。
 まぁ、前回の学習指導要領の改訂の時にも、英語はコミュニケーション重視を打ち出して「授業は原則英語で」という話だったが、実際には全くそんなことになっておらず、英語の授業内容に関しては、学習指導要領が変わってもあまり変化しない可能性も高いとは思うが。

 また、文系の多い新聞記者には、ベクトルの話は関心が無いのかも知れないが、少なくとも文系数学の範囲にある「図形と方程式」ではベクトルの概念が援用できるし、ベクトルの概念すら知らない人間が増えるということは、物理的な概念が理解できない人間を増やすことにもなる。

 親学との繋がりなど今までも安倍政権の教育政策には疑問があったが、教育政策に関しては安倍政権不支持と明言しておく。


続・誤訳で報道 (2018 2/16 10:30)

【訂正】トランプ氏、日本などが貿易で「好き放題だ」と非難 対抗措置を警告(2/15AFP)
 見出しで「日本が」としていましたが、トランプ氏の非難対象には日本のほかに中国と韓国も含まれていましたので、見出しを「日本などが」に訂正しました。また、見出しと本文でそれぞれ「殺人」「殺人を犯しながら逃げている」としましたが、原文の該当部分"getting away with murder"は、「好き放題にする」という表現であるため、「好き放題だ」(見出し)と「好き放題にやっている」(本文)と訂正しました。


 昨日書いた「トランプ発言に関する語法」の件、AFPは訂正報道をしていたので、引用しておく。



誤訳で報道 (2018 2/15 12:00)

「日本など『殺人』」トランプ氏、貿易巡り非難(2/13読売)
 【ワシントン=黒見周平】トランプ米大統領は12日、ホワイトハウスで開いた会合で、米国が貿易赤字を抱えている国々を対象に報復関税を課す方針を表明した。
 制度の詳細は明らかにしなかったが、トランプ氏は「週内、数か月のうちに耳にすることになる」と指摘。対象国は「米国につけ込んでいる国で、いくつかはいわゆる同盟国だが、貿易上は同盟国ではない」と述べたうえで、「米国は中国や日本、韓国、その他多数の国で巨額のカネを失っている。(それらの国は)25年にわたって『殺人』を犯しておきながら許されている」(They’ve gotten away with murder)」と述べ、異例の表現で非難した。
 トランプ氏は不公平な貿易により、米国の製造業が衰退し、雇用が失われる一方、相手国は不当に利益を得ているというのが持論で、その被害の大きさを「殺人」という極端な言葉に込めたとみられる。
 トランプ政権は1月、中国や韓国の製品を念頭に米通商法に基づく緊急輸入制限(セーフガード)を発動するなど、保護主義的な傾向を強めている。


 get away with murder は慣用表現で、「好き放題しておいて罰を免れる」の意味である。慣用表現を直訳にして発言意図をねじ曲げた形で報じるのは、フェイクニュースと呼ぶべき事案ではないか。

 AFPまで「誤訳」で報じている。

トランプ氏、日本などが貿易で「殺人」と非難 対抗措置を警告(2/13AFP)
【2月13日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は12日、日本を含む貿易相手国が「殺人を犯しながら逃げている」と非難し、対抗措置を取る構えを示した。
 トランプ氏はホワイトハウス(White House)で開かれたインフラ関連の会合で、出席した閣僚や州・地方自治体の関係者を前に、「他国に利用されてばかりではいられない」と述べ、「わが国は対中日韓で巨額を失っている。これらの国は殺人を犯しながら逃げている」と指摘。
「わが国以外の国、米国を利用する国々に負担してもらう。いわゆる同盟国もあるが、貿易上は同盟国ではない」「相互税を課していく。これに関しては、今週中、そして向こう数か月間に耳にすることになる」と予告した。
 トランプ氏が具体的に何に言及しているのかは不明。AFPはホワイトハウスにコメントを求めたが、現時点では回答は得られていない。(c)AFP


 外電のくせに誤訳。故意なのか、無知なのか。

 「get away with murder」という慣用句を仮に知らないとしても(外電に触れる人間ならばこのくらいの成句は知っていて欲しいというのが本音だが)、その表現を直訳して「あれ?」と思うくらいの感性・知性は、情報を国民に伝達する役目を負った人間たちには期待したい。
 マスコミ人士のレベルが低下しているのか、分かっていて誤訳を広めようという悪辣な輩が増えているのか。



変わらない支持率 (2018 2/14 10:30)

安倍内閣「支持する」46%「支持しない」34% NHK世論調査(2/13NHK)
 NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査と同じ46%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、先月から3ポイント下がって34%でした。
 NHKは今月10日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。
 調査の対象となったのは2171人で、56%に当たる1217人から回答を得ました。
 それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査と同じ46%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、先月から3ポイント下がって34%でした。
 支持する理由では、「ほかの内閣より良さそうだから」が43%、「実行力があるから」が19%、「支持する政党の内閣だから」が16%でした。
 逆に、支持しない理由では、「人柄が信頼できないから」が35%、「政策に期待が持てないから」が34%、「支持する政党の内閣でないから」が11%でした。

ピョンチャン五輪開会式出席
 安倍総理大臣はピョンチャンオリンピックの開会式に出席しました。これを評価するか聞いたところ、「大いに評価する」が13%、「ある程度評価する」が50%、「あまり評価しない」が21%、「まったく評価しない」が9%でした。
日韓合意
 安倍総理大臣は韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と会談し、ムン大統領が誤りだったと言及した慰安婦問題をめぐる日韓合意について、国と国との約束だとして着実に履行するよう求めました。
 これを評価するか聞いたところ、「大いに評価する」が34%、「ある程度評価する」が38%、「あまり評価しない」が12%、「まったく評価しない」が6%でした。
五輪で南北融和の動き
 韓国と北朝鮮の間では、ピョンチャンオリンピックで南北合同チームの結成や、オリンピックにあわせたイベントの実施など、南北の融和を進める動きが出ています。
 これを評価するか聞いたところ、「大いに評価する」が5%、「ある程度評価する」が21%、「あまり評価しない」が37%、「まったく評価しない」が28%でした。
米の新核戦略
 アメリカのトランプ政権は新たな核戦略を発表し、ロシアや中国の脅威に対抗するため、「低出力核」と呼ばれる威力を抑えた核兵器の増強など、核なき世界を目指すとしたオバマ前政権からの方針転換を打ち出しました。
 これを評価するか聞いたところ、「大いに評価する」が4%、「ある程度評価する」が16%、「あまり評価しない」が33%、「まったく評価しない」が36%でした。
佐川元理財局長の証人喚問
 森友学園の問題をめぐって、野党側は財務省の理財局長だった佐川国税庁長官の国会での答弁には問題があったとして、証人喚問を求めていますが、与党側は現職の担当者が答弁しており、その必要はないとしています。
 佐川長官の証人喚問が必要だと思うか聞いたところ、「必要だ」が49%、「必要ではない」が14%、「どちらともいえない」が27%でした。


 安倍政権の支持に変動無し。野党は今年になっても相変わらずモリカケばかりやっているのだが、全く功を奏していない。もう1年ほど続けてほとんど進展がないのだから、別の手法を考えたらどうなのか。

 私個人としては、発言の整合性を問われている佐川前理財局長は国会で喋るべきだと思っているし、財務省や文科省の官僚が勝手に忖度した部分は認め、場合によっては処分しても良いと考えている。しかし、必要なのは「税金の使途で不明瞭な部分が出ないようにするための方策、しくみ」を構築することであり、忖度されただけの安倍総理の責任を追及し、あわよくばその首を取ろうと躍起になることではない。もちろん、佐川氏らを庇い続ける政権の態度にも問題有りであるが。

 他方、興味深いのは、日韓合意に関する安倍総理への支持の高さと、平昌五輪での南北融和のムードに対する冷静な評価。前者については、日韓合意の着実な履行を求める安倍総理を支持する人が7割以上、後者については南北融和ムードを評価しない人が65%。いずれにせよ、韓国に対する視線が厳しくなっていることを窺わせる。この10年ほどで、韓国に対する日本の世論はまったく変わったように思われる。

 さて。
 来年の3月まで仮に続けると、吉田茂の在職日数を超える。長ければいいというわけでは無いが、少なくとも、歴史の教科書に載るレベルではあろう。あとは、「アベノミクスを推進し、日本経済を20年の低迷から脱却する景気を作った」と載るか、「アベノミクスを提唱したが中途半端な施策に終わり、日本経済の立て直しは果たせなかった」と載るか。



三浦瑠麗氏の発言 (2018 2/13 10:30)

三浦瑠麗氏、ワイドナショーでの発言に批判殺到 三浦氏は「うがった見方」と反論(アップデート)(2/12ハフィントンポスト)
 国際政治学者の三浦瑠麗氏が2月11日に放送されたテレビ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系列)に出演し、北朝鮮のテロリスト分子が日韓に潜んでいると発言、とりわけ大阪が危険だとの認識を示した。
 これに対し、Twitterでは「根拠がない」といった指摘や、在日コリアンに対する憎悪を煽りかねないと懸念する声が上がっている。
 ワイドナショーはお笑い芸人の松本人志さんや東野幸治さんらがゲストを迎え、時事問題や芸能ニュースなどを独自の視点で紹介する「新感覚バラエティ」番組。

 この日のテーマの一つとして、9日に開幕したばかりの平昌オリンピックが取り上げられた。
 番組は、核・ミサイル開発問題でアメリカや韓国、日本と対立し続ける北朝鮮が選手団を派遣したことで、オリンピックが政治外交の舞台になっているなどと紹介した。
 そうした流れの中で、三浦氏は朝鮮半島における安全保障問題に触れ、戦争によって北朝鮮の指導者・金正恩氏が死亡した場合、ソウルや東京、大阪に潜む北朝鮮のテロリストたちが活動し始めると指摘。中でも大阪について「今ちょっとやばいって言われていて」などと、潜伏者が多数いるとも受け取れる発言をした。
 番組でのやり取りは次の通り(敬称略)。

三浦 もし、アメリカが北朝鮮に核を使ったら、アメリカは大丈夫でもわれわれは反撃されそうじゃないですか。実際に戦争が始まったら、テロリストが仮に金正恩さんが殺されても、スリーパーセルと言われて、もう指導者が死んだっていうのがわかったら、もう一切外部との連絡を断って都市で動き始める、スリーパーセルっていうのが活動すると言われているんですよ。
東野 普段眠っている、暗殺部隊みたいな?
三浦 テロリスト分子がいるわけですよ。それがソウルでも、東京でも、もちろん大阪でも。今ちょっと大阪やばいって言われていて。
松本 潜んでるってことですか?
三浦 潜んでます。というのは、いざと言うときに最後のバックアップなんですよ。
三浦 そうしたら、首都攻撃するよりかは、他の大都市が狙われる可能性もあるので、東京じゃないからっていうふうに安心はできない、というのがあるので、正直われわれとしては核だろうがなんだろうが、戦争してほしくないんですよ。アメリカに。

 こうした三浦氏の発言に対し、Twitterを中心に反発の声が上がった。「根拠を示すべき」「根拠がない」と発言内容の信憑性を疑う投稿が相次いだ。また、三浦氏が直接在日コリアンに言及する場面はなかったが、大阪には在日コリアンが多く暮らすことから、彼らに対する差別や偏見を助長するなどと指摘するツイートもあった。
(中略)
 三浦氏はハフポスト日本版の取材に対し、次のように答えた。
 北朝鮮のスリーパーセルの存在については、例えばイギリスのメディアが、北朝鮮がラジオ放送に暗号を忍ばせて各国のスリーパーセルに指令を出していたと報じるなど、複数の海外メディアが記事にしています。もちろん、対立している韓国が最も多いと思われますが、日本も例外ではないというのは当然のことです。
 一般的に、テロリストは都市部にこそ潜伏しやすいものです。また、アメリカの9.11テロのように第2の都市を攻撃対象として狙う可能性があります。いきなり首都への攻撃だと全面戦争を招きかねないからです。つまり、そうした条件を考え合わせると、日本では大阪が危険ということになるわけです。
 しかも大阪は1980年代に、北朝鮮の工作員による拉致事件が起きたことがあります。こうしたことから、東京だけが狙われていると安心しきってはいけない、むしろ大阪のような大都市こそが危ないということを伝えようとした発言でした。番組のMCの皆さんも大阪に縁のある人ですしね。仮にこのレベルの発言が難しいのであれば、この国で安全保障について議論をするのは正直、不可能です。
 また、在日コリアンに対する差別や偏見を助長するというTwitterの反応についても、私は番組中、在日コリアンがテロリストだなんて言っていません。逆にそういう見方を思いついてしまう人こそ差別主義者だと思います。
 いずれにしろ、発言の趣旨は、アメリカがNPR(核態勢の見直し)を公表し、小型化した核兵器の先制使用を辞さない方向にかじを切ったけども、スリーパーセルの危険性があるので北朝鮮に先制使用してはならない、ということです。それなのに、こうした反応になるのは、番組をよく見ていなかったか、よほど、うがった見方をしたのか。理解できません。
 三浦氏はまた、自らのブログでも番組での発言の真意や批判に対する反論を述べている。

 ネット上では三浦氏への批判が渦巻いている印象。

 たしかに、「第2の都市を攻撃対象として狙う可能性があります。いきなり首都への攻撃だと全面戦争を招きかねないからです」というのも、大阪が危ないと言うには根拠薄弱の嫌いが。

 まぁ不安を煽ってしまうような言葉足らずの発言ではあるなぁと思いつつも、北朝鮮の工作員が暗躍して拉致を実行したという事実もある以上、これを「根拠なく差別を煽った」とか「工作員の存在に言及すること自体が差別を助長する」と批判するのは、違うのでは無いかと感じる。

 また、彼女の批判している人の中には、普段「米兵は犯罪者」「オタクは犯罪者予備軍」みたいな物言いをしている者もおり、自身の論の整合性についてどう考えているのか不思議に思える向きも多い。ましてや、三浦氏は在日コリアン全体を犯罪者と疑えという話は一切していない。悪質なのはどちらか。

 批判があることは理解できるが、工作員の存在に言及するような言説を封じるのは、言論封殺であろう。



どんどん北に歩み寄る文在寅政権 (2018 2/12 10:30)

指導者の妹「最高のカード」 訪朝要請、北朝鮮に焦りも(2/11朝日)
 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が10日、実妹の金与正(キムヨジョン)氏を通じ、文在寅(ムンジェイン)韓国大統領の訪朝を要請した。北朝鮮にとって、金与正氏の韓国派遣は「最高のカード」。その狙いは何か。北朝鮮の揺さぶりで米韓同盟はどうなるのか。(ソウル=牧野愛博)
 10日午前11時過ぎ、北朝鮮高位級代表団が韓国大統領府の一室に姿を現した。金与正氏は青色のファイルを大事に扱い、テーブルの上に置いた。
 韓国メディアの映像分析によれば、ファイルには「朝鮮民主主義人民共和国 国務委員長」と表書きされていた。国務委員長は正恩氏の肩書の一つ。文氏に渡す正恩氏の親書だった。
 大統領府によれば、親書には、南北関係改善を目指す正恩氏の考えが記されていた。金与正氏は口頭で、文氏の訪朝を促す正恩氏の要請を伝えた。具体的な時期には触れなかった。
 脱北した元北朝鮮外交官は「外交上、口頭での伝達は親書よりもランクが低い。時期を示さないのは、南北関係が長く断絶するなか、解決すべき課題が残っているからだ。逆に言えばそれだけ北朝鮮を取り巻く状況は悪い。焦っている証拠だ」と語る。
 米韓関係筋は「北朝鮮は、韓国を米国の攻撃に対するシールド(盾)にするつもりではないか」と語る。米軍は最近、核兵器を搭載できるB52戦略爆撃機6機やステルス性能を持つB2戦略爆撃機3機をグアムに前進配備した。
(以下登録読者のみ)

 北朝鮮は確かに焦ってたかも知れないが、文在寅のホイホイ乗っかってくる前のめりな姿勢に安心もしただろう。

 北朝鮮としては、経済制裁に苦しめられている現状を何とか打開したいと思っているし、韓国の文在寅政権としては、南北融和で外交能力をアピールしたいという狙いがある。言ってみれば「相思相愛」の状態で、それぞれの思惑通りに行けば、南北の首脳会談はかなり早い段階で実現するだろう。ただし、アメリカの意向がどれだけ韓国にブレーキをかけられるかが鍵になる。

 日本としては、韓国が北朝鮮寄りに走ってしまうのは何とか避けたい。北朝鮮が韓国を仲介して国際社会に歩み寄り、核開発をやめる……というのであれば、南北の蜜月もそれなりに意味があろうが、北朝鮮の過去の行動を見る限り、こんな物を単なる時間稼ぎに過ぎない。日米の側に韓国をつなぎ止め、圧力を継続させなければ、核問題も拉致問題も全く進展しないまま、北朝鮮の思惑通りに事が運んでしまう。

 安倍総理も先日の首脳会談で文在寅に釘を刺した。アメリカからも横槍が入るだろう。それでも文在寅が暴走するか、踏みとどまるか。



モルゲッソヨ (2018 2/10 10:30)

【平昌五輪】メインプレスセンター前に“謎のオブジェ”(2/7東京スポーツ)
 【目撃】平昌五輪開幕まであとわずか。平昌にあるメインプレスセンター(MPC)には、世界中から続々と報道陣が集結している。MPCにはカメラマンの仕事エリアや記者の作業エリア、はたまたカフェや土産物店まであるが、その前には謎のオブジェが…。
 一体、これは何なのか? 男性の肉体をかたどったようだが、遠目からだと“アレ”そのものに見えなくもない。近くにいたボランティアスタッフに聞いてみても、口を揃えて「モルゲッソヨ(知らないです)」。ちなみにこのオブジェの前は、各国の報道陣の集合場所となっている。 

 銅像のインパクトもさることながら、「モルゲッソヨ」という言葉の何とも言えない語感も絶妙である。

 googleのストリートビューでも見ることができる。



 すぐに数々のAAも作られている。

  _              _
 /  ヽ            /  ヽ
 |   | .モルゲッソヨ!  |   |
_ノ   ヽ  n      n  _ノ   ヽ
⌒`ー⌒`ヽ( E)   (E ) .ノ⌒`ー⌒`ヽ
( .人 .人 γ /    \γ 人 .人. γヽ
=(こ/こ/ `^´     `^´ \(こ/こ=/ /
)に/こ(             )に/こ(



北朝鮮の代弁をする元宰相 (2018 2/9 10:30)

米本土到達で対話の「チャンス」 ICBMで鳩山由紀夫元首相(2/8産経)
 【ワシントン=加納宏幸】訪米中の鳩山由紀夫元首相は7日、首都ワシントンで記者会見し、北朝鮮が米本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)を開発していることが、米朝対話の「チャンス」になっているとの認識を示し、日本、韓国、中国が協力して米朝対話の環境を整備する必要があると述べた。
 鳩山氏は「北朝鮮が米国に到達する(ICBM)技術を開発したとすれば、彼ら(北朝鮮)にとっては交渉の機会を作ったことになる」と指摘し、「こういうチャンスに日本や韓国、中国などが協力し、会談を開けるような環境整備、条件設定に努力していくことが望ましい」と述べた。
 ICBM開発によって米朝対話の「チャンス」ができたと述べたことは、日本の元首相が北朝鮮の核・ミサイル開発を肯定的にとらえていると受け止められる可能性がある。
 記者会見で発言の真意をただされ、鳩山氏は「チャンスという言葉が必ずしも適当な言い方ではなかったかもしれない」と認めながらも、「核ミサイルが米国に到達することは、彼ら(北朝鮮)からみれば目的が達成され、交渉をすることに意味ができてきたという見方ができるのではないか」と答えた。


 「核ミサイルを開発してアメリカを対話に引き出そう」というのはまさに北朝鮮の意図と同じ。北朝鮮の意図を代弁し正当化するクズ、としか評価しようがない。問題は、このような人間が、我が国の元宰相であるということだ。

 世界的にも「たまたま総理になってしまった頭のおかしな人」という位置づけなら問題は無かろうが、やはり「日本の元総理」という目で見られてしまい、それなりの影響力を持ってしまうのではないか。

 こんなのが我が国の宰相だったのは日本にとって大いに恥ずべき黒歴史であるが、不幸中の幸いだったのは、ごまかすことも巧くできずに早々に政権の座から退場してくれたこと。3年強でもじゅうぶんダメージは大きかったが、それ以上に長引いていたらどうなっていたことか。

 「勢いで選ぶとエラい目に遭う」「政治は誰がやっても同じというわけではない」というのは、後世に伝えるべき教訓だ。



大学が就職予備校的になる違和感 (2018 2/8 10:30)

 「大学でもっと実学的な教育を」とか、「実用的な英語力を身につけさせよう」とか、「インターンシップを導入しよう」とか、要するに「大学を就職予備校に」というような主張をよく見かけるようになった。

 私自身、文学部という就職に直接役立つことをほとんど学ばない学部出身ということもあるからか、大学が「就職のため仕事のための物」という位置付けにされつつあるのには、強い違和感を覚える。
 もちろん、実学中心の大学があっても良いとは思うのだが、一方で、一見無駄に見える物事に時間をかけることができるのが大学だとも思ったり。文学部的な教養に限らず、理工系の基礎科学だって社会で直接役に立つか分からないような分野はあるが、それが実学系の土台、裾野になっている。学問以外でも、個人的には例えば学祭の運営は社会人になって役立ってると感じている(学園祭期間中の100人の実行委員の動員計画を作った経験は貴重だった)。

 社会で役に立つか否かという座標軸だけで物事を判断するのは、余裕がないというか貧しいというか。大学は「無用の用」を大事にして欲しいと心底思う。一見無駄なことにどれだけのエネルギーを注げるかが、その国の活力のバロメータだとも思う。


雪で困っている人たちに (2018 2/8 10:30)

豪雪で立ち往生の車に500人前 餃子の王将、無償で(2/7朝日)
 豪雪で車両が立ち往生している福井県坂井市では、国道8号沿いにある「餃子(ギョーザ)の王将」丸岡店が7日、ドライバーたちに無償で約500人前の料理を届けた。その裏には副店長の、阪神大震災の記憶があった。
 酢豚に焼きめし、天津飯、ギョーザ、あんかけ焼きそば……。店は雪のため前日から臨時休業だが、余った食材で7日昼過ぎから料理をつくっては、ドライバーたちのもとへ運んだ。店の常連のトラック運転手も雪にはまっていた。「ほんとにいいの?」「今度また店いくわ」と喜んでくれた。
 「こんなに一気に作り続けることはふだんもない。歩いて持って行くのも一苦労でしたし、疲れました」と副店長の中山幸紀(ゆきのり)さん(41)。午前に店を訪れ、急きょ炊き出しを思いついた。上司に確認すると、「どんどんやって」と快諾が得られた。
 中山さんが思い立った理由には、1995年の阪神大震災の経験がある。兵庫県川西市の「餃子の王将」多田店でアルバイトしているときだった。
 「水道もでないのに、店長の発案で震災当日に無理やり店をあけて、ギョーザとかを出した。あのときのお客さんの顔は忘れられないんですよね。飲食をやっているなら、こういうときは人のためにやらないと」
 ただ雪のため、出勤できるアルバイトは限られた。3年前にアルバイトを辞めていた近所の梅村莉奈さん(22)を急きょ呼び出した。梅村さんは「久しぶりにへとへとになったけど、やりがいがありました」と笑って話した。

 自然災害が発生して困ったときにはお互いに助け合う、という災害の中で揉まれてきた日本人らしい精神性が表れた話だと思う。もちろん、宣伝効果も考えてのことではあろうが、裏に打算があろうとも、人助けをする行為自体は尊い物である。やらない善よりやる偽善、である。

 こんなツイートも。頑張ってるのは、餃子の王将だけではない。



 そして、自衛隊員も手作業で除雪作業をおこなってくれている。多くの人たちの活動があって、今日にも立ち往生は解消される見通しである。



ジーノ・ロート (2018 2/7 10:30)

Uli Jon Roth - Dear Friends, Dear Fans of Zeno! It is... | Facebook
Dear Friends, Dear Fans of Zeno!
It is with great sadness and a heavy heart that I must inform you that my dear brother Zeno Roth passed away yesterday, on Feb 5, 2018. He died in his sleep after years of illness and finally moved on to a much better place.
Speaking on behalf of all his family and friends, this is a tremendous loss, both on a human level, but also because Zeno was a true and incredibly gifted artist. We will always remember his songs, poetry and beautiful guitar playing. As a brother, I remember him as a gentle caring soul with the deepest feelings, but also as a person of great humour and wit. His song-writing abilities were of the first order. He was a truly outstanding guitar player and his talent for poetry was simply incredible and on the highest level imaginable, which was particularly evident in those poems which he had written in his mother tongue of German. Fortunately for us, he left us many of these precious gem stones and we shall publish a collection of his poems posthumously in due course.
Just before he died, Zeno was working on three brand new songs which he played to me in a demo version before Christmas and I was amazed at what I heard, because he had reached a new plateau and his playing was better than ever, miraculously, despite his debilitating illness. We will try to finish these songs and release them because they are worth hearing and contain a lot of magic and beauty. To all the fans of Zeno worldwide, I want to say thank you on his behalf, I want to say thank you on his behalf, his son Shion, Naoko, his girlfriend Indu and his family, and that of his closest friend and band member, Ule W. Ritgen for all your support and loyalty. God bless Zeno’s soul!


 Zeno Rothが亡くなった……

 兄Uli Jon Rothの陰に隠れて知名度低いかも知れないが、大好きなコンポーザー、ギタリストだった。叙情的なハードロック好きなら、絶対に聴いておきたいミュージシャンだと思う。
 昨夜、久しぶりに追悼の思いでアルバム「Listen to the Light」を聴いたのだが、やっぱり何度聴いても心に染みる。Michael FlexigのVoもいい。今日は車の中でZenologyを聴こう。いいな。私の20代を彩ってくれた音楽の一つだった。

公式のアップ動画じゃないけど…






国民投票で否定されても (2018 2/6 10:30)

安倍晋三首相「自衛隊の任務・権限に変更なし」 自衛隊明記の9条改憲提案を説明(2/5産経)
 安倍晋三首相は5日の衆院予算委員会で、憲法9条の1、2項を変えずに自衛隊を明記する自らの改憲提案について「自衛隊の任務や権限に変更が生じることはない」と述べた。その上で「自衛隊が合憲であることは明確な一貫した政府の立場だ」と強調し、改憲案が国民投票で否定された場合も自衛隊の合憲性は「変わらない」との認識も示した。
 自衛隊の存在を憲法に明記する意義や必要性については「命を賭して任務を遂行している者の正当性を明文化し明確化することは、国の安全の根幹に関わる」と説明し、「これは憲法改正の十分な理由になると考えている」と述べた。
 選択的夫婦別姓制度の導入をめぐっては「わが国の家族の在り方に深く関わるものだ。国民の間にさまざまな意見があることから、国民的な議論の動向を踏まえながら慎重に対応する必要がある」との考えを示した。


 一部に「安倍総理が国民投票の結果を無視しようとしてる!国民主権を蔑ろにしようとしてる!」と噴き上がってる向きがいるのだが……

 「自衛隊を憲法に明記することについての国民投票が否決されても」という話なので、当然自衛隊の合憲性が否定されるわけではない。安倍総理が述べているのは「憲法に自衛隊を明記するか否かによって自衛隊の性質が変わるわけではない、しかし明記することで自衛隊の立場を憲法で明確にすることができる」という内容の物で、これまでしばしば述べてきた見解と何ら変わりない。現状でも自衛隊は合憲であるというこれまでの政府見解を確認しただけのことで、冒頭の批判は筋違いであろう。

 反安倍の方々は、憲法にしろ外交にしろ経済にしろ、事実をねじ曲げて受け取り批判している向きが多すぎる。反安倍という結論が先に決まっているから牽強付会をしているのか、そもそも事実認識能力や読解力に問題がある人が多いのか。



名護市長選 (2018 2/5 10:30)

名護市長選、自公系の新顔当選 現職・稲嶺氏を破る(2/4朝日)
 沖縄県名護市長選が4日投開票され、米軍普天間飛行場移設計画を事実上容認する前市議で新顔の渡具知(とぐち)武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=が、反対する現職稲嶺進氏(72)=民進、共産、自由、社民、沖縄社会大衆推薦、立憲支持=を破り、初当選を果たした。辺野古で移設工事が進む中、市民は、反対を主張し続けてきた稲嶺氏を選ばなかった。投票率は76・92%だった。
 移設問題が浮上してから6度目の市長選。翁長(おなが)雄志(たけし)知事は移設に反対しているが、安倍政権は「地元の理解が得られた」として工事を加速させるとみられる。一方、翁長知事は苦しい立場に立たされる。
 結果を受け、渡具知氏は報道陣に「名護を変えてくれ、明るい街に発展させてくれということだと思う」と語った。辺野古移設については「裁判の結果に従う」と述べるにとどめた。
 選挙戦で渡具知氏は「基地問題にこだわり過ぎ、経済を停滞させた」と稲嶺市政を批判し、学校給食費の無償化や観光振興などを中心に訴えた。移設問題については「国と県の裁判を見守る」と繰り返す一方、米軍再編への協力が前提となる再編交付金を受け取って市の振興に活用すると主張してきた。
 自民党は知名度の高い国会議員を次々と応援に派遣し、小泉進次郎・筆頭副幹事長は選挙期間中に2度、応援に訪れた。党幹部らも昨年末から水面下で何度も沖縄に入り、全面的に支援した。
 一方、稲嶺氏は結果を受け「残念ながら、辺野古移設の問題がなかなか争点となりえなかった」と話した。選挙戦では、市長を務めた2期で、国からの米軍再編交付金がなくても地域振興を進めてきたと主張。「移設を受け入れて、子どもや孫に危険を残してはいけない」と「移設反対」を前面に出して訴えた。
 翁長知事もほぼ連日、名護市に入り「基地は経済発展の邪魔になる」と街頭などで繰り返し訴えたが、支持は広がらなかった。(上遠野郷)


 名護市長選は与党系の勝利。

 「渡具知候補は基地について言及を避けていた」ことをもって「辺野古移転にイエスというわけではない」と主張する向きも多いが(たぶん明日の朝日社説もその線の主張になるだろう)、稲嶺候補が反基地を前面に出して敗北したのだから、少なくとも「反基地を最優先項目に捉える姿勢」は負けたのだと理解すべきではなかろうか。
 つまりは、辺野古移転に賛成か反対かというのではなく、経済で希望が持てる候補が選ばれた、ということなんだろう。イデオロギーよりも、まず生活、経済であり、それは安倍政権が一定の支持を得ている構図と同じである。

 しかし、また左巻きの方々の断末魔が酷い。民主主義が死んだだの、民意を反映してないだの、争点が隠されただの、あげく選挙区民を罵倒しだしたり……自分の意に染まない選挙結果であっても、選挙区の人たちをバカにしたり選挙自体を否定するような、そんな人間にはなりたくないものだ。
 私達は、2009年の衆院選で民主党大勝の結果を、バカにすることなく受け入れたぞ。



相撲協会の理事選 (2018 2/3 10:30)

貴乃花親方が理事選落選!わずか2票(2/2スポーツ報知)
 日本相撲協会は2日、2年の任期満了に伴う理事候補選挙(理事選)を行った。注目の貴乃花親方(45)=元横綱=は2票で落選した。
 定数10人に対して11人が届け出た今回の選挙。2人が出馬した貴乃花一門からは投票先を阿武松(おうのまつ)親方(56)=元関脇・益荒雄=に事実上、一本化したことで、貴乃花親方は2票で落選となった。
 2人が出馬した貴乃花一門が持つ11票(一門内8+無所属3)のうち、8票が阿武松親方に。総帥の貴乃花親方には自身の1票ともう1票。1票が一門外の親方に投じられた。

 貴乃花親方について、「阿武松親方に票を回した場合に貴乃花親方が当選する可能性は薄く、今回は出馬しない方が良かった」という意見もあるし、私にも「今は退いておいた方がダメージ少ないのではないか」という気持ちがあるのは確かだが、それでも敢えて立候補して落ちたことで「相撲協会の体質を明白にした」という効果はあったのかな、とも思ったり。

 もっと考えていることを表で話し、支持を集める努力をした方が良いだろうとは思う。もう少し巧くやる方法もあるんじゃなかろうかとも思うのだが、一方で、この無骨で不器用なところも、貴乃花親方の魅力である。










  +2150000くらい
2001年6月19日〜
(03年11月14日、14年11月6日移転)




巡回サイト・blog
 sokの日記
 石破茂ブログ
 さくらのみや日記
 junsakura | ShortNote
 佐々淳行Website
 あんた何様?日記

 蒼き星々
 話の花束
 
荒木和博BLOG
 しおかぜ通信 

 FC岐阜オフィシャルサイト 
 melancholism 
 This is a book. 
 
渓二郎の日記
 Yer Club The Tackle Shop


救う会・全国協議会
特定失踪者問題調査会

島根県Web竹島問題研究所

イラストはあんた何様?日記さんより

お勧めの品々


















  



  

       






今年の世迷い言 日々徒然に書く雑文であります。
サイト開設時以来の世迷い言はこちら

不定期更新
お気に召すまま英語塾 大学受験に必要な英文法・長文読解を解説。 随時更新中
メモ書き 日本の総理一覧や米歴代大統領、自民の派閥など たまに更新
過去倉庫 過去の恥をさらす場所 更新停止
掲示板
もぐらの巣 ただの掲示板。



サイト運営者へお手紙